install法とかメモとか


そのうち消します。

●Fermi ガンマ線望遠鏡の解析用ツールのinstallと解析法は ここから (卒研時のメモのため情報の正確性を保証できません)
Fermi解析ではかなりCPUを食うのでniceコマンドを使用することをお勧めします。
例.nice -n 5 gtlike
またgttsmapなどをlogoutしながらも走らせる場合は、nohupコマンドを用いて
nohup nice -n 10 gttsmap statistic=UNBINNED evfile=filename.fits scfile=.............. &
と先に入力するファイルや数値を入れておく必要があります(最後に&をつけてバックグラウンドとするのをお忘れなく)。
ただしプロセス管理ができない人にはnohup &をおすすめしません。
なお、各コマンドのパラメータは ここ から見ることができます。
ただ、nohupコマンドを使う場合はFermiのJobの走らせ過ぎに注意してください。

●X-ray 解析に必要なheasoftのinstall法は ここから (卒研時のメモのためry)

●windows PCへのTeX installは ここから (卒研時ry)

●grub rescueが出たり、マウントしたHDDの中身が見えなかったりした問題と解決法は --> HDDマウントとgrub resucue

●apt-getに任せていらないパッケージを削除させたら面倒なことになった問題と解決法は --> ネットワークマネージャとubuntu-desktopが消えた

●Scientific Linuxインストール後パスワードが通らない問題と解決法は --> SLインストール後パスワードが通らない問題

●Fermit/LATのlight curveから値を取得する方法は ここから