リンク


他のページへ飛びます
リンクの許可はとってないけど大丈夫だろうか…


RGAAA      所属している研究室のホームページ。

IT pro by 日経コンピュータ 「Linux定番のエディタ「vi」を使いこなそう」     テキストエディタviの説明。gvim派なので(自分は扱い切れてませんが)。

アストロアーツ     天文現象のニュースがわかりやすくアップされてます

ナショナルジオグラフィック   自然現象のニュースが色々アップされてます。

Science News   Science News社ホームページ。生物系の話題が多い。

Fermi Gammma-ray Space Telescope   NASAのFermi衛星のページ。データは自由にとってこれます。

CTA   次世代超高エネルギーガンマ線プロジェクトCherenkov Telescope Arrayプロジェクトのページ。

CTA-Japan   CTAの日本チームのページ。自分がcalibration setupのfilter wheel用middleware作成で試行錯誤したところ。

xTime - A Date/Time Conversion Utility   西暦、MJD,JD,NASAの天文衛星の固有の時間(FermiではMET)などを自由に変換できるツール。かなり使える。

ASI Science Data Center(ASDC)   [Catalogs]というところからNASAの天文衛星それぞれのCatalogをとってこれるので非常に使えます。

Fermi Gamma-Ray Sky Blog   Fermi衛星で検出したγ線源で特に明るいものを載せています。

Monitored Source List Light Curves   Fermiでモニターしている天体の一日毎 or 一週毎の光度曲線が載っている。詳しくは自分で解析した方がいいけど、参考になります。

Optical lightcurves of Blazars   MAGIC所有の可視光望遠鏡KVAでのBlazarの光度曲線が見れる。北半球でRバンドのみ、それも一部のデータはおそらく公開されていないと思うけど、十分使えます。

MAXI Light Curve   X線衛星MAXIでの光度曲線はこちら。

Swift XRT   Swift衛星のXRT検出器での光度曲線はこちら。

Swift BAT   Swift衛星のBAT検出器での光度曲線はこちら。

グラフ値読み取りシステムGSYS   光度曲線やSEDなどのグラフから任意の点の情報を抜き出せる。卒研では上記のいろいろな光度曲線を画像として取得して GSYSで読み取り、ROOT(CERN)で多波長の光度曲線を作成ということをやりました。

TeV catalog   TeV Energy天体のcatalog。わかりやすい。

2FGL catalog   Fermiの2年分のデータで作ったcatalog。データ量が膨大。役立ちます。

Wolfram|Alpha   mathematicaのように扱える。複雑な微分積分でつまづいたらここに投入。

ROOT 覚書   ROOTの細かいとこ(色の番号とか)が気になるときは大抵ここで何とかなる。

私的なROOTコマンド表 - KEK   ROOTでつまずいたら訪れるページ。

TF1の諸々   ROOTのfitting関係で参考になります。

グラフ値読み取りシステム   よくお世話になってます。

LaTeX-コマンド一覧   よく使う。

LaTeXコマンドシート一覧   こちらもよく使います。

TeX/LaTeX etc...   表や図はここで。

TeXで論文を書くときにハマること   HongoWikiさんにはよくお世話になってます。

数式記号の読み方・表し方   TeXの数式記号はここ見れば載ってるはず。

科学論文に役立つ英語   英語で書きたい方は参考にどぞ。

文字アニメ画像作成機   HOMEの顔文字GIFを作ったところ

Stanford Report, June 14, 2005   スタンフォード大でのS.Jobsのスピーチ。提言はどれも大事なことだと思うし、何より聴きやすくて、スピーチが上手い。

カウンター   HOME下部のカウンタは、ここのカウンターをお借りしました。
ダイバージェンスメーターで作れたらいいなぁ…。

RGAAA OB 早川さんのページ   CやROOT,使えるプログラムがあり、参考にさせていただいています。

ログアウトしても scp による転送が終了しないようにする方法 nohup scp ~~~~~ & をするとパスワードの入力ができずどうしたら…と思ったらこんな方法が。参考になります。

(Ubuntu) USBシリアルデバイスのユーザ読み書き権限付与とminicomの初期設定 filter wheelのポート開閉時に一々root権限を問われるのが面倒だったので参考にして設定を行いました。

The Linux Serial Programming HOWTO by Peter H. Baumann   filter wheel制御(RS232cでのシリアル通信)の際は大変お世話になりました。